占いと言えばやっぱり|夢占いや電話占い。それぞれを楽しく使っていくためには口コミを活用

占いと言えばやっぱり

Array

私はタロット占いが好きで、自分でもカードを購入し人を占うことがあります。このときのちょっとした失敗についてお話ししたいと思います。

私のタロットカードは星座をモチーフにした綺麗な青色のカードです。タロットカードはトランプよりもひと回り大きいので、最初の頃は混ぜる度に手からぶちまけてしまいました。
占うときの失敗談として、カードの見間違いがありました。タロットには大アルカナと小アルカナがあり、私のカードはそのどちらもそろっています。その小アルカナが慣れないうちは曲者でした。トランプのように四種類十枚ずつあるのですが、当然一つ一つ意味が違います。
タロット占いを始めた当時は意味を全て覚えて占った方がいいと思っておりました。なので覚えたての曖昧な知識でカードを読み解くことが多々ありました。占った後で本を確認すると、実は読み解いたものとは正反対の意味のカードだった、ということが何度もありました。
以来私は本を片手に占うようにしています。それでもときどき開くページを間違えて意味を取り違えそうになります。

また、タロットではカードの並べ方と順番に意味があるのですが、最初はよくそれも間違えてしまいました。開く順番を間違えると解釈も変わってしまうので大参事です。

タロット占いはカードごとに様々な意味があり、また様々な占い方があります。カードは綺麗で可愛いものが多いですし、意味や解釈について書いてある本も多くあります。
私のように失敗ばかりでも楽しくできているので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。